羊毛フェルトアーティスト&パンダ作家 羊毛ニードルフェルトマイスター Makiko (マキコ) 1960年11月16日生。 女子美術大学術学部芸術学科卒。 Atelier Pecora(アトリエペコラ)主宰。 2004年に羊毛フェルトに出会い、以来独学で創作活動に入り、 思わず微笑んでしまうようなオリジナルデザインの動物雑貨を ひとつひとつ心を込めて制作しています。 作品はブログで紹介しながら、百貨店やイベント等で販売。 2008年夏より作家活動を本格化、2011年より講師としても活動を始めました。 ちょっとリアルでちょっとコミカルな「癒しパンダ」をメインに その他動物からアクセサリーまで様々な作品を製作。 その作品の甘すぎない大人可愛さとクオリティの高さ 、見る者が思わず微笑んでしまうようなパンダの表情の可愛さに定評があります。 羊毛を専用針一本で成形しながら作るため、制作にはとても時間がかかります。 また、型などもありませんので似たものはあっても、 同じものは二度と作ることが出来ません。 どうぞショップやイベントでかわいいパンダたちに会いにきてくださいね! ※アトリエペコラの「pecora」はイタリア語で「 ひつじ 」の意味です。